FC2ブログ
恋愛における男女の心理を統計学的にリサーチしたコラム  恋愛の仕方 出会いの偶然 男性や女性の魅力 恋愛のノウハウをコラムとして載せております。
恋人に別れの言葉を切り出すのは非常に精神的負担があるもので、極力口にしたくないという人が多いでしょう。しかし、これを彼女に押し付ける男性はどんな印象を持たれるのでしょうか? 今回は「『別れの言葉』を彼女に言わせたときの一生記憶に残る悪印象9パターン」をご紹介します。


【1】正々堂々としていなくて「卑怯な人」
自分が気が引けるからといって相手に押し付けようとする考えが、女の子にとっては卑怯に映るようです。「予感をさせつつも正々堂々と対面で言ってほしい」(20代女性)というように、腹をくくって別れの言葉を口にする方が、女の子も納得できるのではないでしょうか。


【2】イヤなことから逃げていて「責任感がない人」
「責任逃れというか…肝っ玉のない人だと思う」(20代女性)というように、イヤなことから逃げ出す人と思う女の子もいるようです。やはり破局の場面でも、「別れを切り出すのも男の責任」と割り切ることが大切ではないでしょうか。


【3】ツライことを女の子に押し付けて「女々しい人」
男としての責任を果たせないことに、女々しさを感じる女の子もいるようです。どうしてもハッキリと言えない場合は、「徐々に連絡を少なくしてほしい」(10代女性)というように、態度で示すのもひとつの方法でしょう。


【4】優柔不断と感じて「イライラする人」
別れるのか別れないのか分からない曖昧な態度が、女の子をイライラさせるようです。「はっきりしてほしい」(20代女性)、「ストレートに言ってほしい」(20代女性)というように、何かしらの決意を示すことが重要でしょう。


【5】きちんと理由を説明しようとせず、「思いやりがない人」
男性が自分の本心をハッキリと告げないことに、不誠実さを感じる女の子もいるようです。「取り繕ったり、きれいにまとめようとしないでほしい」(20代女性)というように、正直な気持ちのみを打ち明けた方が女の子は納得しやすいのかもしれません。


【6】自分の非を認めない「プライドが高い人」
自分の非をまったく認めない人と思われるケースもあるようです。別れの原因は様々ですが、多少なりとも自分にも非がある場合は、「申し訳ないけど、これ以上男女の関係は続けられそうにないと思う」というような切り出し方をするのが、大人の対応といえそうです。


【7】人のせいにすれば何とかなると考える「幼稚な人」
「自分で関係を終わらせるのは面倒なので、彼女のせいにして彼女にすべてやってもらおう…」。こんな風に考えている人と思われるケースもあるようです。これでは幼稚な人と思われてしまうので、「素直な感情をごまかさず述べたら納得」(20代女性)というように、とにかく本音を伝えることが大事でしょう。


【8】争い事を避けることばかり考える「悪者になりたくないだけの人」
「こんな考えを持っていたと知った瞬間、冷める」(20代女性)というように、彼女のことをまったく考えてない人に映るようです。彼女のためを思って争い事を避けているという意見もありそうですが、別れ際において中途半端な優しさは逆効果になる可能性が高いでしょう。


【9】自分で責任を取れない「他力本願の人」
自分では何もできない男性と思われることもあるようです。自分が原因で冷めてしまった関係を彼女に終わらせてもらうのは責任感がなさ過ぎです。せめて彼女に対する最後の誠意として、すべてを正直に話し、別れを切り出しましょう。

スポンサーサイト




090428renai_convert_20110223053428.jpg


すぐ保護しちゃう!彼からの胸キュン☆メール

毎日する、彼とのメール。男性ってめんどくさがりやだから、
文は短いし、内容もいつも「お疲れ」などの事務的な感じ…。それなのに、油断してるとたまに「もう♪(照)」と思わせるような胸キュンメールが送られてくることってありません!?

いつも「お前」って呼ぶくせに、メールでは急に
「◯◯に会いたい」とか彼女の名前を入れてみたり、
帰りが遅くなった日に寝てると思いつつ帰宅を報告すると、
「お前が家に着くまで起きてたよ。心配だし」なんてすぐ返信が来たり!
メールで文字にして送られると、直接言われるよりズギューン!って来ますよね。
そんなメールが来たら、私ならばうっかり削除しないようにソッコーで保護し、
たまにニヤニヤしながら見返すのですが、皆さんはそんな経験ありますか?

そこで、20~30代の女子にアンケートを取ってみたところ、何と89%もの人が「彼からの胸キュンメールを保護した経験アリ」と回答。おおっ!私みたいな女性がこんなにも!!さらに“保護”しているメールの数も聞いてみたら、1~5件が47%と一番多く、6~10件が22%と続くもよう。意外に「21件以上」と答えた人も13%に上りました。最高では、なんと「480件」というつわものも!彼からのメールはすべて保護しているのでしょうか!?でも、ひとつ保護してしまうとあれも♪これも♪と保護してしまうんですよねぇ~。その気持ち分かります!

では、皆さんどんなメールを“保護”しちゃっているのでしょう?シチュエーションごとにまとめてみました!

<大ゲンカのあとに…キュン!編>

●『昨日ごめんな。こんな俺についてきてくれる?一緒に成長してくれるか?』…初めてのケンカをした翌日、朝イチでこのメールが来た」(30歳)
●「『やっぱりこれからもずっと一緒にいたいです』。大ゲンカして、本当に別れようという寸前にこのメールが来たので、ぐっときました」(24歳)

<落ち込んだ時の励ましにキュン!編>
●「仕事で辛いことが続き、泣いて電話をした後に、『俺が守るからもう会社辞めてもいいよ。今までよく頑張ったね』とメールをくれた」(29歳)
●「すごく疲れていて精神的にも落ち込んでいた時に、『大丈夫?頑張ってるの分かってるぞっ!無理しすぎるなよ』と。何気ないメールだったけど、彼の人柄が伝わる内容で嬉しかった」(35歳)

<日常の何気ないひと言にキュン!編>
●「大事な試験があって、朝5時起きをしなければいけない日、『俺も早起きしてみた!』と5時ピッタリにメール」(24歳)
●「『お弁当美味しかったよ』。いつもは私から聞かないと言わないのに、たま~にメールで褒めてくれる。しかたない、また作ってやるか~!と思ってしまう」(27歳)

<メールで愛の告白にキュン!編>
●「真夜中のメールで『◯◯ちゃんのことを考えていたらこんな時間になりました。こんなに人を好きになったのは何年ぶりだろう…』。お付き合いする前のメールでしたが、ストレートな表現に心を打たれました」(36歳)
●「いきなり『◯◯、ゴメン………(かなり長い間が空いて)……好き過ぎる(ハート)」というメールが来た。“ゴメン”の時点で嫌な予感が一瞬よぎったから、嬉しさが倍増しました」(23歳)

<末永くずっとそばにいて…にキュン!編>
●「『◯◯ちゃんのことは一生俺が守るから心配いらないよ。一緒に歩いていこうね』…メールで誓いをしてくれました」(30歳)
●「『結婚するのは本当に私でいいの?』ってメールを送ったら『お前がええねん。だから黙ってついてこい』というメールが返ってきた。不安が一気に飛んだ一言でした」(34歳)

「思わず保護しちゃった」という気持ち、分かるぅ~~~~~!!…って身悶えしちゃうほど、ロマンチックで愛にあふれたメールの数々。本人じゃなくとも胸キュン☆な文面ばかりです!また、90%の人が「保護したメールをたまに見返す」とのこと。落ち込んだ時、元気をもらいたい時に見返すと、心がじんわり温かくなりそうですね。

ちなみに、「そのメールをくれた彼と、別れちゃったらどうする?」と、最後にちょっといじわる質問をしてみたところ、「消去する」が74%で堂々の1位に!意外に皆さんサッパリしているんですね(笑)。確かに、思わず保護したくなるほど愛の詰まった彼からのメールは、思い出として取っておくには重たすぎるかも。“保護メール”を消すことなく、逆に数を増やしていけそうな彼と、末永くラブラブでいたいものですよね。

SEO対策:恋愛 SEO対策:心理 SEO対策:コラム SEO対策:カップル SEO対策:結婚